コンテンツへスキップ

チーム翻訳で必要な共同学習

英語が専門ではありませんが、英会話スクールに通っていたこともあり、仕事の専門分野(教育)の英語で書かれた小冊子を分担翻訳する機会が時々あります。私は教育業界で働いているのですが、そこで各学校の過去問で、生徒から集めた中でも模範解答や解説がない場合に翻訳作業を行っています。長文があると、その訳がなく答えだけがあっても生徒は納得がいかないことが多いのです。

よほど暇だとその作業を行い、次に過去問を使う先生の負担を減らしたり、生徒の理解が深まるように工夫します。この時私が意識しているのは、日本の英語教育が「正しく、ミスなし」というものなので、できるだけ意訳せず、直訳に近い形で、生徒が習った文法通りに訳すことにしています。他の模範解答は何度も見てきたので、その真似をするのです。

もし意訳すると、生徒の方がそれに慣れていないため、余計に「何故?」を増やすことになります。その英文がどうしてそんな日本語になるのか、意訳までの工程がわからない場合も多いので、できるだけ彼らが学んできた通りの翻訳をするのがコツです。こうしてみると、実際に使う英語との違いを感じます。

章ごとに担当を割り振りましたが、気になるのは全体の統一感です。同じ語彙でも人によっては別の訳を当てることもあるので、最初に頻出語彙リストを作成して共有しました。
しかし、それでも難しいのが、日本の文脈とは違った使われ方をする語彙です。

例えば、英語では「評価」に関する語彙が豊富で文脈によって細かく使い分けられていますが、英語が専門でない私やメンバーにとっては難しいのです。英日翻訳だったのでまだよかったのですが、日英翻訳なら、どの場面でどの単語をあてがえばよいのか、かなり迷ったことでしょう。

この時は英語圏での実践経験のある方との勉強会が開かれ、大まかに場面に応じた適訳語をある程度つかむことができました。また、一人で迷ったときはインターネットの英英辞典でその単語が使われている例文をチェックし、どんな場面で使われているかを確認して、翻訳に活かしました。もちろん最後には相互チェックや監修者によるチェックを経て、全体の統一を図っています。チームで翻訳をする場合は、やはり勉強と共通理解すべき点の確認は必須です。