コンテンツへスキップ

外国語の翻訳は専門的なものだと辛い

海外サイトの外国語の翻訳仕事を一度請け負ったことがありますが、途中でめげそうになりました。ちなみに本業はプロの外国語の翻訳家というわけではなく、仕事でビジネス英会話を使うこともあるといった程度です。しかし、外国語の翻訳仕事を頼まれることもあるわけで、対応はしているのですが、分野によっては訳しづらかったりするのです。

 

薬品関係、機械関係と、それぞれの分野によって、使われている英語が高度になっていたりもするわけです。日常生活で使う会話を英語から日本語に翻訳するのとでは勝手が違うというわけです。というかそもそも、日本語の言葉でも耳馴染みのない言葉で構成されていたりしますからね。とくに医療関係は、耳馴染みのないどころか、日本語にしても調べないとわからない言葉だ出てきていたりしますから。

 

機械関係は仕事上なんとか翻訳することができるのですが、しかし医療系は弱いですね。ですから、海外サイトにしても薬品系ですと、外国語の翻訳を始める前に拒否反応は出てしまいます。